読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【ZTE】新製品発表会は、ハイレゾ対応のAXON 7 miniか

スマートフォン
 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

10月に入りSIMフリースマートフォン・メーカー各社が年末商戦向けに新機種を投入してきています。

Huaweiはhonor 8、ASUSはZenFone 3を発売し、FREETLEは極 KIWAMI 2とSAMURAI 雷神を発表しました。

明日(2016年10月13日)は、ZTEが国内で新製品発表会を開催します。

格安SIMフリースマートフォンはミドルハイが中心に

昨年までは格安SIMフリースマートフォンと言えば、エントリークラスからミドルレンジの機種が多く登場しました。

中でもZenFone 2 Laser、arrows M02、P8 lite、SAMURAI MIYABIが人気となりました。

今年はhonor 8、ZenFone 3など、これまでのハイエンドに近いミドルハイの機種が登場しています。

つい先日は、FREETELもミドルハイの極 KIWAMI 2とSAMURAI 雷神を発表したばかりです。

【FREETEL】新機種発表!「極 KIWAMI 2」と「SAMURAI 雷神」のスペックとは - あんこぱんのつぶやき

このことから、格安SIMフリースマートフォンはミドルハイが中心になったと言えるでしょう。

ZTEの新製品はハイレゾ対応のAXON 7 miniか

ZTEは10月13日11時より新製品発表会を開催とするとアナウンスしました。

TwitterやFacebookでも「Into the extreme」というロゴを表記した画像を投稿しており、音楽再生機能が充実したAXON 7 miniの発表が噂されています。

AXON 7 mini

AXON 7 miniは、旭化成エレクトロニクスのHi-Fiチップが内蔵されており、ハイレゾ再生対応が特徴の機種です。

スペック概要としては、5.2インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、32GBストレージ、1600万画素メインカメラを搭載したミドルハイのスマートフォンです。

2016年9月1日にグローバルモデルが発表され、欧州では299ユーロ(約34,131円)で販売されています。

スペックと販売価格からするとライバル機種はhonor 8、ZenFone 3、SAMURAI 雷神あたりになります。

まとめ

個人的には、ZTEの機種はこれまで3台購入しているので、明日の新製品発表会がとても楽しみです。また、気になる新製品はAXON 7 miniと予想しています。

AXON 7 miniは、ハイレゾ対応のミドルハイのSIMフリースマートフォンです。スペック的には申し分ない機種なので、欧州価格の299ユーロ(約34,131円)との販売価格比較も1つの楽しみになりそうです。

先週末に発売されたZenFone 3の国内価格が高く設定されてしまったので、AXON 7 miniはいい意味で期待を裏切って欲しいところです。

それではまた。