あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【Nuu X4】メインカメラとバッテリー持続時間

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

Nuu X4は、1300万画素のメインカメラと、2250mAhのバッテリーを搭載したLTE対応SIMフリースマートフォンです。

ミドルレンジの機種としてはベーシックな仕様になります。

そこで今回は、Nuu X4のレビュー後編として、メインカメラとバッテリー持続時間についてレビューします。

オートモードでスナップショット撮影

1300万画素のメインカメラを使って、オートモードでスナップショットを撮影してみました。

1万円台で購入できる低価格帯のスマートフォンなので、あまり期待していませんでしたが、ご覧のとおり、光源があるロケーションでは、とてもシャープな画質で撮影できます。

逆光ですと白とび、黒つぶれが少し発生してしまいます。

室内での撮影は、ご覧のとおりシャープで温かみのある画質で撮影できます。ラーメンの湯気まで収まっています!

光源が落ちる曇り空の下でも撮影してみましたが、このロケーションでは若干トーンが落ちるので、ご覧のとおり青みかかったような画質になります。

Nuu X4は、FREETEL SAMURAI MIYABIと同様のスペックですが、カメラの画質はNuu X4のほうが上位になると評価します。

ちなみにカメラアプリはメーカー専用のものではなく、Androidのベーシックなものでした。

ヘビーユーザーは予備バッテリーが必要

Nuu X4は、2250mAhのバッテリーを搭載しています。

バッテリー満充電の状態で朝7時から夜7時まで次のような状況で利用しました。

  • メール送受信:5通
  • ウェブブラウジング:12分
  • 写真撮影:10分
  • YouTube:22分
  • ポケモンGO:20分

ベーシックな利用で12時間動作した結果、バッテリー残量は半分以下の47%でした。ゲームやメッセンジャーを多用するヘビーユーザーは、予備バッテリーまたはモバイルバッテリーの携帯が必要です。

ちなみにポケモンGOは、ARモードを利用しないのであれば問題なくプレイできます。GPSの補足もプレイ上では問題ありませんでした。

まとめ

Nuu X4は、1300万画素のメインカメラを搭載しています。

光源があるロケーションでは、とてもシャープな画質で撮影できます。また、室内での撮影はシャープで温かみのある画質で撮影できます。

ただし、レーザーオートフォーカスを搭載しているZenFoneシリーズと比較すると、どうしてもフォーカスが遅いと感じました。

バッテリーが2250mAhと5インチクラスとしては少なめなので、バッテリー持ちはあまり良くありません。

なので、ヘビーユーザーは、予備バッテリーまたはモバイルバッテリーの携帯が必要です。

これらを総括すると、Nuu X4は、通話・SNS・メールなどのベーシックな使い方をするユーザー向けのスマートフォンになります。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

【Nuu X4】開封の儀とファーストインプレッション - あんこぱんのつぶやき

【Nuu X4】CPUとベンチマークテスト - あんこぱんのつぶやき