あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【2017年1月】メインで利用できる1万円台のSIMフリースマホ3選

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

最近の格安SIMフリースマートフォンは、数年前のミドルレンジ機種と同等のスペックとなっており、メインで利用できる機種がほとんどです。

なので、通話・SNS・メールなどのベーシックな利用では動作的にも問題ありません。

そこで今回は、「メインで利用できる1万円台のSIMフリースマホ3選」を紹介します。

迷ったらこれ!gooのスマホg07

19,800円の販売価格でありながら、5.5インチFHD液晶、1300万画素メインカメラ、3GBメモリ、32GBストレージ、DSDS対応、USB Type-C対応、指紋認証機能を搭載しています。

NTTレゾナントとCoviaの2つの国内メーカーが提供するSIMフリースマートフォンとして注目の機種です。

現在、筆者も利用している機種です。

【gooのスマホg07】開封の儀とファーストインプレッション - あんこぱんのつぶやき

ロングバッテリーが魅力!ZenFone 3 Max

19,800円の販売価格でありながら、5.2インチHD液晶、1300万画素メインカメラ、2GBメモリ、16GBストレージ、4100mAh大容量バッテリー、指紋認証機能を搭載しています。

また、Googleドライブ100GBの2年間利用が付属することから、ある意味、最強のコストパフォーマンスを実現した機種と言えます。

スタミナモンスター再来!ZenFone 3 Maxのスペックとは - あんこぱんのつぶやき

防水・おサイフケータイ搭載!gooのスマホg04

名称は「gooのスマホg04」ですが、ずばり、AQUOS SH-M02です!

販売価格29,800円のところ、2017年1月31日までの限定で、NTTコムストアで17,800円で販売されています。なんと言っても防水・おサイフケータイが利用できる数少ない機種です。

個人的にも所持していた名機です。

【AQUOS SH-RM02(SH-M02)】開封の儀と外観 - あんこぱんのつぶやき

まとめ

以上が2017年1月のメインで利用できる1万円台のSIMフリースマホ3選です。

つい数年前までは、1万円台のSIMフリースマートフォンと言えば、4.5インチサイズで3G専用、ストレージも8GB、メインカメラも500万画素クラスのものがほとんどでした。

現在では、その当時のミドルハイなみの機種が購入できるようになりました。

特にgooのスマホg07は、機能的にほぼ網羅していると言っていいでしょう。5.5インチFHD液晶、1300万画素メインカメラ、3GBメモリ、32GBストレージ、DSDS対応、USB Type-C対応、指紋認証機能の搭載は、1万円台の機種では破格です。

少しでも安価にSIMフリースマートフォンを購入するための参考にしてください。

それではまた。