読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【Priori 4 レビュー】CPUとベンチマークテスト

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

Priori 4は、5インチHD液晶、メモリ2GB、ストレージ16GB、800万画素メインカメラ、4000mAh大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマートフォンです。

CPUにクアッドコアのMediaTek MT6737を搭載しています。

そこで今回は、Priori 4の「CPUとベンチマークテスト」をレビューします。

CPUはMT6737

Priori 4は、CPUにオクタコアのMediaTek MT6737を搭載しています。

このMT6737は、Alcatel SHINE LITE、ASUS ZenFone 3 Maxに搭載されているCPUで、エントリークラス向けになります。

AuTuTuベンチマークでテストを実施

今回もAnTuTuベンチマークでテストを実施しました。

スコアは28337

ベンチマークのスコアは「28337」でした。

最近のミドルレンジの機種と比較すると見劣りしますが、エントリークラスとしては妥当なスコアです。

ちなみに同じMediaTek製のオクタコアCPUのMT6750Tを搭載したgooのスマホg07では「42972」のスコアです。

【gooのスマホg07】CPUとベンチマークテスト - あんこぱんのつぶやき

Priori 4で、YouTube、ニュースアプリ、メールなどを利用してみましたが、ベーシックな利用では動作的に問題ありません。サクサク動作します。

まとめ

Priori 4は、MediaTek MT6737を搭載しAuTuTuベンチマークのスコアは「28337」でした。

販売価格が14,800円と激安価格帯ですが、ベーシックな利用では動作的に問題はありません。

次回は、バッテリー容量と駆動時間について掲載しますのでご期待ください。

Priori 4のその他の記事は、次のリンクから閲覧できますので、あわせて参考にしてください。

Priori 4 カテゴリーの記事一覧 - あんこぱんのつぶやき