読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

今が買い時!SIMフリーAndroidタブレット7インチ編

タブレット
 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

最近のSIM1フリースマートフォンは、ミドルレンジの機種でも多機能な機種が多くなりました。

また、5インチオーバーの大画面スマートフォンが主流となりつつあります。

このような中、7インチオーバーのタブレットも低価格で音声通話ができる機種が増えています。

そこで今回は、低価格の7インチサイズのSIMフリーAndroidタブレットを紹介します。

7インチサイズのタブレットは2万円前半

Androidタブレットは、主に7インチ、8インチ、10インチの機種があります。

だいたい画面が大きくなるにつれて販売価格も上昇します。

なので、低価格タブレットは7インチサイズが主流です。

7インチサイズのタブレットは、モバイルネットワークが利用できるSIMフリーモデルでも2万円前半で販売されており、安価に導入ができます。

音声通話ができるZenPad7 Z370KL

ASUSのエントリークラスの7インチタブレットがZenPad7です。

デフォルトではOSがAndroid5.1.1ですが、ファームウェアのアップデートによりAndroid6.0になります。地味ですが大きな特徴です。

ストレージ容量が16GBですが、microSDが128GBまで対応しているので、容量を補完できます。

販売価格が1万円台のエントリークラスの最有力機種です。

低価格の機種ですが音声通話に対応しているので、音声通話SIMを導入することが可能ですので、スマートフォンの代替としても利用できます。

指紋認証を搭載したMediaPad T2 7.0 Pro PLE-701L

Huaweiのミドルレンジの7インチタブレットでMediaPad T2 7.0 Proです。

7インチタブレットでありながら指紋認証機能を搭載しています。また、CPUにオクタコアのSnapdragon615を搭載しています。

ZenPad7.0のメインカメラが800万画素ですが、MediaPad T2 7.0 Proは1300万画素のメインカメラを搭載しています。

さらに、4360mAhの大容量バッテリーを搭載していることから、ロングバッテリーを実現しています。

2万円台の機種ですが、スペック的に申し分ありません。

Huaweiのユーザーのニーズにあった機種の提供にはいつも驚かされます。

まとめ

今回紹介したZenPad7、MediaPad T2 7.0 Proの2機種は、SIMフリータブレットの入門機となります。

7インチサイズとなることから、スマートフォンより大画面で視認性が高くなります。

また、どちらの機種も音声通話が利用できるので、スマートフォンから機種変更してタブレットをメインで利用することもできます。

個人的には、指紋認証機能、オクタコアCPU、1300万画素メインカメラを搭載したMediaPad T2 7.0 Proがオススメです。

ちなみにZenPad7にはAndroid版ATOK、Googleドライブ100GBの2年間利用が付属する特典があります。

最近スマートフォンの画面が小さくて見えづらいと感じた方、音声通話ができるSIMふr-タブレットという選択肢もありますので導入の参考にしてください。

それではまた。