あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

これ買いかも!今ならSAMURAI REIが1万7千円台

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

最近のミドルレンジのスマートフォンの機能は、5インチオーバーサイズ、オクタコアCPU、1300万画素メインカメラ、32GBストレージ、指紋認証機能がベーシックになりつつあります。

昨年末発売されたgooのスマホg07は、これらのスペックで19,800円の価格で話題となりました。

なんと、あのAmazonではFREETEL SAMURAI REIが投げ売り価格に突入しています!

SAMURAI REIが1万7千円台

Amazonでは、本日(2017年2月14日)現在ですが、SAMURAI REIが1万7千円台で推移しています。

f:id:ankopan01:20170214171135p:plain

最新モデルのKIWAMI 2、RAIJIN、Priori 4などが発売されたことから、在庫処分的な投げ売り感がありますが、ブラックモデルのほかは、1万6千円台から1万7千円台となっています。

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (シャンパンゴールド)

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (シャンパンゴールド)

 

 

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (スカイブルー)

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (スカイブルー)

 

 

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (ピンクゴールド)

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (ピンクゴールド)

 

 

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (メタルシルバー)

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (メタルシルバー)

 

この価格帯であれは、スペック的にもお得です!

アップデートにより緊急警報(ETWS)に対応

このSAMURAI REIですが、ファームウェアのアップデートにより緊急警報(ETWS)に対応しました。

blg.freetel.jp

また、懸念であったオートフォーカス性能の改善も実施されたことから、1万7千円台の機種としてはお買い得の機種になりました。

まとめ

格安SIMフリースマートフォンは、このように発売から数か月が経過すると驚くほどに安くなる傾向があります。

特にHuawei、ASUS、FREETELのスマートフォンは、数多くの機種が販売されることからその傾向が顕著です。

なので、最新機種にこだわらないのであれば、お得にゲットすることができます!

SAMURAI REIは、個人的にも購入してレビューを掲載しているので、購入時の判断材料として参考にしてください。

SAMURAI REI カテゴリーの記事一覧 - あんこぱんのつぶやき