あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

もしかすると新型Fire TV StickはAlexaが利用できるかもしれない

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

2017年4月6日に発売予定の新型Fire TV Stickは、クアッドコアCPU、音声検索対応リモコンが付属します。

この新型Fire TV Stickは、もしかするとAmazonの音声アシスタントAlexaが利用できるかもしれません。

Amazonの音声アシスタントAlexaとは

北米で昨年末のクリスマスシーズンで大ヒットなった商品がAmazon Echo(アマゾン・エコー)です。

Amazon Echoは、筒型の筐体にマイクとスピーカーを搭載したデバイスで、AIの音声アシスタントAlexa(アレクサ)が利用できます。

基本的にApple SiriやMicrosoft Cortanaのような利用ができます。

ちなみにAmazon Echoは、会話の応答が1秒以内にできることから、違和感なく会話ができること。また、会話によりAmazonで買い物ができること。対応Iot家電の操作ができることなどの機能で北米で大ヒットしています。

wired.jp

国内報道では、近いうちにAmazon Echoが日本語対応となり、国内発売されるのではと噂となっています。

Amazon Echoが国内発売されれば、Iotデバイスのハブとして注目されるでしょう。

北米版の新型Fire TV StickはAlexa対応

実は北米では、新型Fire TV Stickがこの音声アシスタントが利用できることが、1つの特徴として発売されています。

itpro.nikkeibp.co.jp

おそらく新型Fire TV Stickは、Amazon Echo発売後に国内でもAlexaが利用できるようになるでしょう。

まとめ

Amazonでは、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Fire TV Stick、Amazon Echoなどの専用デバイスを数多く発売しています。

将来的にはこれらのデバイスに音声アシスタントAlexaが搭載されると思います。

そうなると、これらのデバイスとIot家電がリンクする、Amazonへのネットワークを構築することができます。

Alexaとの会話で、出先にいながらエアコンの操作、冷蔵庫の保管物の確認、テレビ番組の予約、タクシーの配車などの操作が可能になるかもしれません。

もしかすると近い将来は、Apple、GoogleではなくAmazonが生活の一部になっているかもしれません。

音声検索対応リモコンが付属した新型Fire TV Stickは4月6日に発売予定です、すでにAmazonで予約開始されています。

もちろん筆者は予約済みです。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)