読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【HUAWEI nova lite レビュー】開封の義とファーストインプレッション

HUAWEI nova lite
 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

HUAWEI nova liteは、Android7.0、5.2インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、16GBストレージ、指紋認証機能を搭載したミドルレンジのSIMフリースマートフォンです。

gooSimsellerが販売価格19,800円のところ、数量限定で5000円オフとなる14,800円で販売し話題となりました。

筆者もなんとかgooSimsellerでゴールドモデルをゲットできました!

そこで今回は「HUAWEI nova liteの開封の儀とファーストインプレッション」をレビューします。

開封の儀

今回はHUAWEI nova liteの発売日(2017年2月24日)にgooSimsellerで購入し、3月2日に到着しました。

f:id:ankopan01:20170303094334j:plain

筐体は横に入っているちょっと変わった梱包です。

f:id:ankopan01:20170303094357j:plain

イヤホン、ACアダプタ、microUSBケーブル、専用のクリアケースが入っていました。ユーザーニーズに配慮した同包物となります。

f:id:ankopan01:20170303094425j:plain

個人的にはカバーケースを別途購入したので、ちょっと先走った感がありました・・・

持ちやすい5.2インチサイズ

ディスプレイは5.2インチですが、筐体の大きさは5インチサイズのarrows M03とさほど違いがありません。

f:id:ankopan01:20170303094506j:plain

5.2インチサイズですが、コンパクトでとても持ちやすく取り扱いも容易です。

f:id:ankopan01:20170303094529j:plain

メインカメラはフラットで突起なし

最近はメインカメラの機能向上に伴いカメラ部分が突起している機種が多いですが、ご覧のようにメインカメラはフラットです。

f:id:ankopan01:20170303094613j:plain

このように、細かい部分も考慮して筐体設計していることがわかります。

メモリとストレージの空き状況

3GBメモリの初回起動時のメモリの空きは約1.6GBでした。

f:id:ankopan01:20170303094647p:plain

また、16GBストレージの空きは約7.44GBでした。

f:id:ankopan01:20170303094704p:plain

なお、外部ストレージとしてmicroSDが利用できるので、画像ファイルや音楽ファイルを筐体に保存して利用する場合は、microSDを導入することでストレージ容量を補完できます。

ユーザーインターフェースはiPhone似?

ユーザーインターフェースは、ご覧のとおりちょっとiPhoneに似た印象です。

f:id:ankopan01:20170303094858p:plain

もしかしてiPhoneユーザーからの機種変を想定しているのではと、勝手に思い込んでしまいました。

f:id:ankopan01:20170303094921p:plain

まとめ

HUAWEI nova liteは、5.2インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、16GBストレージ、指紋認証機能を搭載したミドルレンジのSIMフリースマートフォンです。

スマートフォン世界シェア3位のHUAWEIだけに、nova liteの完成度の高さが伺えます。

1万円台の価格設定でメインで利用できるスペックを搭載しているほか、外観も高級感があります。

また、5.2インチサイズで視認性の高さと取り扱いのしやすさを両立した機種となります。

この品質で1万円台で提供するとはHUAWEIの品質の高さとコストパフォーマンスの凄さに驚きです。

個人的にはHUAWEIの機種はIDEOS以来6年ぶりとなりますが、当時のIDEOSと比較するとAndroidスマートフォンの進化に驚くとともにちょっと感慨深くなりました。

HUAWEI nova liteのその他の記事は次のリンクから閲覧できるので、あわせて参考にしてください。

HUAWEI nova lite カテゴリーの記事一覧 - あんこぱんのつぶやき