あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【HUAWEI nova lite レビュー】1200万画素のメインカメラとスナップショット画像

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

1万円台の機種でも最近は1000万画素オーバーのカメラを搭載している機種も多くなりました。

HUAWEI nova liteは、のメインカメラに1200万画素のF値2.2のソニー製イメージセンサーを搭載しています。

そこで今回は「HUAWEI nova liteの1200万画素のメインカメラ」をレビューします。

オートモードでスナップショット撮影

HUAWEI nova liteの1200万画素のメインカメラを使って、屋外を中心にオートモードでスナップショットを撮影してみました。

f:id:ankopan01:20170307164852j:plain

f:id:ankopan01:20170307164949j:plain

f:id:ankopan01:20170307165112j:plain

f:id:ankopan01:20170307165158j:plain

当日は曇り空でしたが、比較的、自然な色合いで撮影できました。

f:id:ankopan01:20170307165234j:plain

f:id:ankopan01:20170307165312j:plain

f:id:ankopan01:20170307165358j:plain

f:id:ankopan01:20170307165427j:plain

逆光で撮影しましたが白飛びや黒つぶれが抑えられています。カメラのチューニングの良さが光ります。

f:id:ankopan01:20170307164622j:plain

室内での撮影も自然な色合いで、個人的にも格安SIMフリースマートフォンとしてはバランスのとれたカメラとの評価です。

f:id:ankopan01:20170307164745j:plain

f:id:ankopan01:20170307164718j:plain

オートモードとナイスフードモードでグルメ撮影

オートモード(上)とナイスフードモード(下)でそれぞれ撮影してみました。オートモードでも十分な色合いです。また、ナイスフードモードのほうが暖かい色合いになりす。

f:id:ankopan01:20170307164438j:plain

f:id:ankopan01:20170307164503j:plain

個人的にはナイスフードモードがエフェクトが強い感じがするので、オートモードの色合いのほうが好みです。

ちなみに、HUAWEI nova liteも最近の機種同様にシャッターの物理ボタンとして、ボリュームボタンが対応しますので、ボリュームボタンを押下することでも写真撮影が可能です。

まとめ

HUAWEI nova liteは1200万画素のメインカメラは、F値2.2のソニー製イメージセンサーを搭載しています。

屋外を中心にオートモードで撮影してみましたが、1万円台の格安SIMフリースマートフォンとは思えない綺麗な画質での撮影ができました。

カメラのチューニングと色合いのバランスがとれた優秀なカメラとの評価です。

また、グルメ撮影に利用できるナイスフードモードを搭載しているので、SNSやメッセンジャーで画像共有するために活用できるでしょう。

HUAWEI nova liteのその他の記事は次のリンクから閲覧できるので、あわせて参考にしてください。

HUAWEI nova lite カテゴリーの記事一覧 - あんこぱんのつぶやき