読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【2017年3月】この春スマホデビュー!1万円台で購入できる格安スマホ3選

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

3月は新生活が始まる季節でもあり、この春からスマートフォンデビューする方も多いと思います。

人気は間違いなくiPhoneがダントツですが、iPhoneにこだわらないのであれば、格安スマートフォンと格安SIMを導入して月々の運用費を抑えることができます。

そこで今回は「1万円台で購入できる格安スマホ3選」を紹介します。

格安スマートフォンとは

格安スマートフォンとはAndroidの格安SIMフリースマートフォンのことで、販売価格が1万円台から3万円台のエントリークラスからミドルレンジの機種です。

数年前まではメインカメラが500万画素、ストレージ容量が8GBなどといったロースペックの機種がほとんどでした。

最近はメインカメラが800万画素以上、ストレージ容量が16GB以上とスペックが向上しています。

格安スマートフォンは格安SIMでさらにお得に運用できる

キャリア(NTTドコモ、KDDI au、ソフトバンク)の回線を借り受け格安に携帯電話サービスを提供する事業者をMVNO(Mobile Virtual Network Operator)といいます。

このMVNOが提供する格安のSIMサービス(音声通話サービス・データ通信サービス)と格安スマートフォンを導入することで、さらにお得に運用できます。

MVNOの主要3サービスが「OCNモバイルONE」「IIJmio」「楽天モバイル」です。

個人的にはOCNモバイルONE、IIJmioのサービスを利用していますが、モバイルデータ通信時でもYouTubeの動画を途切れることなく視聴できます。

各社ともに音声通話が月額1600円前後(高速通信容量3GB)、データ通信が月額900円前後(高速通信容量3GB)で利用できます。

また、最近ではコラボ割が適用となるプロバイダーも登場しています。

たとえば自宅の固定回線のプロバイダーがOCN光の場合、OCNモバイルONEの音声通話が月額200円割り引かれます。

このようなコラボ割を提供しているプロバイダーとMVNOを利用することで、さらにお得に運用できます。

1万円台で導入できる格安スマホ3選

今回は個人的に購入しレビューの評価が高かった3機種を紹介します。

低価格が魅力!若者向けのWiko Tommy

Wiko Tommyは、5インチHD液晶、クアッドコアCPU、メモリ2GB、ストレージ16GB、800万画素メインカメラ、2500mAhバッテリーを搭載したSIMフリースマートフォンです。

若者向けのポップな筐体デザインが特徴です。

メインカメラが800万画素ですが、チューニングが素晴らしく鮮やかな画質での撮影が可能です。

また、ユーザーインターフェースが感覚的に操作できるようなっており、初めてスマートフォンを利用する方でも安心して操作することができるでしょう。

販売価格が14,800円ですが、NTTコムストアではOCNモバイルONEのSIMが付属し13,200円で販売されています。

Wiko Tommyのレビューはこちらのページを参考にしてください。

Wiko Tommy カテゴリーの記事一覧 - あんこぱんのつぶやき

迷ったらこの機種がオススメ!HUAWEI nova lite

HUAWEI nova liteは、5.2インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、16GBストレージ、1200万画素メインカメラ、指紋認証機能を搭載したミドルレンジのSIMフリースマートフォンです。

筆者が今年購入した中で一番のオススメ機種です。

1200万画素のメインカメラはオートモードでも鮮やかな画質での撮影が可能です。

また、バッテリー持ちの良い機種で、音声通話・SNS・メッセンジャーなどのベーシックな利用では2日間は動作できる省電力設計が特徴です。

ユーザーインターフェースがiPhoneぽいので、iPhoneからの機種変でも問題なく操作することができるでしょう。

ちなみに販売価格が2万円前後ですがgooSimsellerがクーポン適用で14,800円という破格で販売し話題となりました。

また、他のMVNO各社でも人気のようで、現在、カラーによっては入荷待ちとなっているところもあります。

HUAWEI nova liteのレビューはこちらのページを参考にしてください。

HUAWEI nova lite カテゴリーの記事一覧 - あんこぱんのつぶやき

大画面・大容量が魅力!gooのスマホg07

gooのスマホg07は、5.5インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、32GBストレージ、1300万画素メインカメラ、指紋認証機能、DSDS対応、USB Type-C対応のSIMフリースマートフォンです。

5.5インチ大画面、32GB大容量ストレージが特徴です。

また、今話題の音声通話と高速データ通信の両方のSIMが利用できるDSDSに対応しています。

さらに、1万円台の販売価格帯では珍しくUSB Type-Cに対応しています。ミドルハイに匹敵する機能を搭載しているオススメ機種です。

NTTグループのgooブランドなので、NTTコムストア、gooSimsellerでの販売となりますが、ミドルハイに匹敵する機能を搭載し販売価格19,800円とコストパフォーマンスも魅力の機種です。

gooのスマホg07のレビューはこちらのページを参考にしてください。

gooのスマホg07 カテゴリーの記事一覧 - あんこぱんのつぶやき

まとめ

最近の格安スマートフォンは、1万円台の機種でもメインで利用できるのものが出てきました。

特に今回紹介した「Wiko Tommy」「HUAWEI nova lite」「gooのスマホg07」の3機種は個人的にも購入し評価の高い機種です。

いずれの機種も1万円台で購入できるほか、NTTドコモ系MVNOの各種SIMを導入することでさらに格安に運用できます。

この春スマホデビューする方、お子さん用にスマートフォンの購入を検討している方は、少しでも安くスマートフォンを運用する方法として参考にしてください。

それではまた。