あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

モトローラの新機種!Moto G5とMoto G5 Plusのスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

この春、モトローラから新機種が登場します!

本日(2017年3月16日)発表された機種は2つのモデルで、5インチサイズのミドルレンジのMoto G5と5.2インチサイズのミドルハイのMoto G5 Plusです。

そこで今回は、Moto G5とMoto G5 Plusのスペックをチェックします。

ミドルレンジで低価格なMoto G5

Moto G5は、5インチFHD液晶、1300万画素メインカメラ、オクタコアCPU、2GBメモリ、16GBストレージ、2800mAhバッテリーを搭載した機種です。

f:id:ankopan01:20170316225317p:plain

気になるスペック概要は次のとおりです。

Moto G5のスペック

OS:Android 7.0
画面:5インチ 1920×1080
CPU:Snapdragon 430 Octa Core 1.4GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
バッテリー:2800mAh
LTE:B1/3/5/7/8/19/20/28
W-CDMA:B1/2/5/6/8/19
Wi-Fi: IEEE 802.11 a/b/g/n/
SIMスロット:nanoSIM/nanoSIM
その他:指紋認証、microUSBポート、急速充電、撥水コーティング
販売価格:22,800円

Moto G5は格安レンジの機種で普及モデルの位置付けとなります。

2万円前半の販売価格でありながらメインで利用できるスペックを搭載しています。

ライバル機種としては、HUAWEI nova lite、gooのスマホg07になります。

ライバル機種が1万円台なので少し割高感がありますが、定評のあるモトローラの機種ということで注目機種になります。

なお、夏ごろを予定としているソフトウェアアップデートで、DSDSに対応します。

F値1.7のカメラ搭載のMoto G5 Plus

Moto G5 Plusは、5.2インチFHD、1200万画素メインカメラ、オクタコアCPU、4GBメモリ、32GBストレージ、3000mAhバッテリーを搭載した機種です。

f:id:ankopan01:20170316225415p:plain

気になるスペック概要は次のとおりです。

Moto G5 Plusのスペック

OS:Android 7.0
画面:5.2インチ 1920×1080
CPU:Snapdragon 625 Octa Core 2.0GHz
RAM:4GB
ROM:32GB
メインカメラ:1200万画素
インカメラ:500万画素
バッテリー:3000mAh
LTE:B1/3/5/7/8/19/20/28
W-CDMA:B1/2/5/6/8/19
Wi-Fi: IEEE 802.11 a/b/g/n/
SIMスロット:nanoSIM/nanoSIM
その他:指紋認証、microUSBポート、急速充電、撥水コーティング
販売価格:35,800円

Moto G5 Plusは格安スマホの中心モデルとなるミドルハイの機種になります。

ライバル機種としては、ASUS ZenFone 3、HUAWEI novaになります。

なんといっても、ハイスペック機種に搭載されているデュアルピクセルセンサーの1200万画素のメインカメラ搭載が大きな特徴です!

高速オートフォーカスとF値1.7の明るいカメラで、ミドルハイとしてはワンランク上の撮影を可能にしています。

間違いなくMoto G5 Plusのウリがこのメインカメラです!

まとめ

モバイルデバイスメーカーが春商戦に様々な機種を販売する中、満を持してモトローラが新機種を発表しました。

お手頃価格のMoto G5とハイスペック機種に匹敵するカメラがウリのMoto G5 Plusです。モトローラらしい丸みを帯びたデザインが個性的な機種となります。

すでにオンラインストアによっては予約開始しているところもあり、今月末の3月31日発売予定となっていますので参考にしてください。