あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

Androidに大変身!VAIO Phone Aのスペックとは

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

VAIO Phoneは、昨年発売されたWindows Phoneです。

セキュリティの高さとビジネス環境にマッチすることから、法人向けスマートフォンとして発売されました。

このVAIO Phoneがユーザーの希望からAndroidに大変身してリニューアルされます!

そこで今回は、VAIO Phone Aのスペックをチェックします

VAIO Phone A

VAIOのSIMフリースマートフォン。Android6.0、5.5インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、16GBストレージ、1300万画素のメインカメラを搭載している。

f:id:ankopan01:20170327090821p:plain

VAIO Phone Aのスペック

気になるVAIO Phoneのスペック概要は次のとおりです。

VAIO Phone Aのスペック
OS:Android 6.01
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:Qualcomm Snapdragon 617 Octa Core 1.5 GHz + 1.2 GHz
RAM:3GB
ROM:16GB
外部ストレージ:microSD 最大64GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
バッテリー:2800mAh
LTE:B1/5/6/8/11/19
W-CDMA:B1/3/8/19/21
Wi-Fi: IEEE 802.11a/b/g/n/ac
SIMスロット:microSIM/nanoSIM
その他:microUSB
販売価格:24,800円

基本的に前機種のVAIO Phone Bizのスペックを踏襲した機種です。

最近の低価格ミドルハイの機種がAndroid7.0と指紋認証を搭載しており、スペック的には少し物足りなさがあります。

また、5.5インチサイズの機種としてはバッテリー容量が2800mAhとなっており、このクラスとしては容量が少なくバッテリー持続時間が気になります。

ライバル機種としては、ZenFone 3 Laserになります。

ZenFone 3 Laserの販売価格が少し高くなりますが、対応周波数が多く、指紋認証機能と3000mAhバッテリーを搭載しています。

また、レーザーオートフォーカス対応のメインカメラで高画質な撮影が可能ですので、スペック的にはZenFone 3 Laserが上位になります。

まとめ

VAIO Phone Aは、Android6.0、5.5インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、16GBストレージ、1300万画素のメインカメラを搭載したSIMフリースマートフォンです。

パソコン製造メーカーのVAIOが国内製造しているSIMフリースマートフォンなので、製品品質の高さで人気になる予感します。

スペック的にはライバル機種より少し劣る部分もありますが、販売価格が2万円前半とコストパフォーマンスの高い機種となります。

予約開始は2017年3月30日からで発売が4月7日の予定となっています。

法人向けの機種ですが、VAIOストア、家電量販店、MVNO各社で取り扱いの予定ですので一般の方も購入が可能ですので、購入を検討の方は参考にしてください。