読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

マルチキャリア対応となりスペックアップ!リニューアルされたgooのスマホg07+のスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

gooのスマホは、gooが提供するオリジナルブランドのSIMフリースマートフォンです。

筆者もこれまでg01、g07を購入して利用しています。

特にg07は5.5インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBメモリ、32GBストレージ、1300万画素メインカメラ、指紋認証機能、USB Type-Cを搭載し、1万円台の販売価格で大ヒットした機種です。

このgooのスマホg07がリニューアルされg07+になすりました!

そこで今回は、gooのスマホg07+のスペックをチェックします。

gooのスマホg07+のスペック

気になるgooのスマホg07+のスペック概要は次のとおりです。

f:id:ankopan01:20170330085951p:plain

gooのスマホg07+
OS:Android 6.0 ※Android7.0アップデート対応保証
画面:5.5インチ 1920×1080 IGZO Dragontrail強化ガラス
CPU:MediaTek MT6750T Octa Core 1.5GHz×4、1.0GHz×4
RAM:3GB
ROM:32GB
外部ストレージ:microSD/SDHC/SDXC ※最大128GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
LTE:B1/B3/B8/B19
W-CDMA:B1/B6/B8
CDMA2000:BC0/BC6
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n
SIMスロット:microSIM/nanoSIM ※DSDS対応
バッテリー:3000mAh
販売価格:19,800円

基本的なスペックに変更はありませんが、au KDDIのCDMA2000に対応したことからマルチキャリア対応機種に昇格しました。

また、前機種のg07と同様にOSがAndroid6.0からAndroid7.0へのアップデート対応が保証されています。

カメラ・ディスプレイ・タッチパネルをリニューアル!

g07+では、カメラ・ディスプレイ・タッチパネルがリニューアルされました。

f:id:ankopan01:20170330085900p:plain

カメラ・ディスプレイ・タッチパネルのリニューアルは、前モデルのユーザーからの要望も多かった懸案事項でもあり、個人的には価格据え置きでのリニューアルについて高く評価しています。

また、あまり利用頻度は高くありませんが、カメラ・ディスプレイ・タッチパネルのほかにも、Eコンパスが高精度のものにリニューアルされています。

まとめ

大ヒットモデルのgooのスマホg07がリニューアルされg07+として生まれ変わりました。

前モデルのスペックを踏襲し、au KDDI対応のマルチキャリア対応機種に昇格しました。

そのほかにもカメラ・ディスプレイ・タッチパネル・Eコンパスがリニューアルされ、さらに実用的になりました。販売価格は据え置きとなる19,800円とコストパフォーマンスの高い機種として注目されるでしょう。

また、このg07プラスの販売に伴い、前機種のg07の販売価格が2,000円オフとなる17,800円と販売価格が改定されました。

こちらもメインで利用できる機種なので、コストパフォーマンスの高い機種としてオススメです。

なお、g07のファームウェアのアップデートにおけるアドウェア混入の疑惑については、販売元のgoo、製造元のCoviaからそれぞれ公式アナウンスがありました。

公式アナウンスでは、g07でのファームウェアのアップデートでのアドウェアの混入は認められず、新しい情報を把握した場合には速やかに公表するとしています。

help.goo.ne.jp

www.fleaz-mobile.com

筆者の環境下でも一時アドウェアと思われる広告が表示されましたが、初期化してからは広告が表示されなくなりました。

また、ファイル操作アプリで非表示ファイルを表示して調査してみましたが怪しいと思われるファイルもなくなりました。

このことから安心して利用できると思われますので参考にしてください。