読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【gooのスマホg07+ レビュー】開封の儀とファーストインプレッション

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

gooのスマホg07+は、前モデルg07のマイナーチェンジモデルです。

機能的に液晶パネルがIGZOに変更され、カメラにIRフィルターを追加し、タッチパネルの精度がアップされました。

販売価格が据え置きの19,800円と高いコストパフォーマンスは健在です!

そこで今回は「gooのスマホg07+の開封の儀とファーストインプレッション」をレビューします。

開封の儀

NTTコムストアでOCNモバイルONEの音声通話SIMのセット品とあわせてケースも購入しました。

同封物はg07と同じで、本体、液晶保護フィルム、USB充電アダプター、USBケーブル、SIMトレイ用ピンが付属しています。保護フィルムが付属するので、事前に購入する必要がありません。

f:id:ankopan01:20170516141136j:plain

f:id:ankopan01:20170516141151j:plain

今回はブラックパネルモデルを購入しましたが、g07のホワイパネルモデルより高級感があります!

f:id:ankopan01:20170516141220j:plain

5.5インチモデルとファブレットサイズになりますが、g07同様に持ちやすいです。

f:id:ankopan01:20170516141238j:plain

プリインストールアプリはgooのアプリが多い

FREETELやHUAWEIの機種と比較するとプリインストールアプリが多く、複数のgooのアプリがプリインストールされています。

また、g07でインストールできなかったAmazonショッピングアプリがプリインストールされています。

f:id:ankopan01:20170516141415p:plain

f:id:ankopan01:20170516141428p:plain

f:id:ankopan01:20170516141442p:plain

ストレージの空き容量は約24GB

初回起動時で、ストレージ容量が32GBのうち8.05GBが利用されているので、空き容量は約24GBとなります。

f:id:ankopan01:20170516142414p:plain

同じく初回起動時で、メモリ容量は3GBのうち約1.1GBの平均メモリ使用となります。

f:id:ankopan01:20170516141515p:plain

microSDカードの不具合が解消!

g07では、一部のユーザーの機種においてmicroSDカードの認識の不具合、他の機種で初期化したmicroSDカードが利用できない症状が報告されています。

そこでg07+に、HUAWEI nova liteで利用していたmicroSDカードを装着してみましたが、ご覧のとおりメーカー名も表示され問題なく利用できました。

f:id:ankopan01:20170516141617p:plain

また、保存されてあったmicroSDカード内の画像も問題なく表示できたので、g07のmicroSDカードの不具合は解消されています。

まとめ

gooのスマホg07+は、前モデルg07のマイナーチェンジモデルです。

販売価格は据え置きの19,800円で、本体、液晶保護フィルム、USB充電アダプター、USBケーブル、SIMトレイ用ピンが付属しています。

スペック的にとても高いコストパフォーマンスを実現した機種です。

g07で懸案事項であったmicroSDカードの不具合が解消されています!

個人的には、ホワイトパネルモデルよりブラックパネルモデルのほうが高級感があると感じています。

次回はCPUとベンチマークテストについてレビューしますのでご期待ください。

それではまた。