あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【AQUOS sense lite レビュー】高評価!防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ搭載のコンパクトスマホ

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

AQUOS sense liteは、5インチIGZO FHD、防塵・防水・耐衝撃、おサイフケータイ、指紋認証機能を搭載したアンドロイドSIMフリースマートフォンです。

国内ユーザーのニーズにあった仕様なので、筆者の要チェックの機種でした。

そこで今回は話題の機種AQUOS sense liteをレビューします。

開封の義と同梱物

HUAWEIやASUSなどといったメーカーの機種と比較するとシンプルな箱です。

f:id:ankopan01:20171213092849j:plain

同梱物もUSB充電器とUSB Type-Cケーブルといったシンプルな内容でした。

f:id:ankopan01:20171213092911j:plain

ファーストインプレッション

最近のスマートフォンは5.2インチオーバー機種が多く大画面が主流となります。

AQUOS sense liteは5インチサイズということもあり、コンパクトで持ちやすく、片手操作が可能です。

f:id:ankopan01:20171213092937j:plain

f:id:ankopan01:20171213092956j:plain

日本人向けにはベストサイズだと感じました。

また、防塵・防水・耐衝撃、おサイフケータイ、指紋認証機能を搭載しているので、国内ユーザーのニーズにあった機種になります。

個人的にも評価の高いポイントです。

プリインストールアプリ一覧

国内主要メーカーの機種ですが、プリインストールアプリはご覧のとおりシンプルです。

f:id:ankopan01:20171213093024p:plain

筆者の場合、NTTコムストアから購入したのでgoo関連のアプリがインストールされていました。

このgoo関連のアプリはアンインストール可能なので、少しでもストレージ容量を確保したい場合は、アンインストールできます。

ベンチマークテストの結果

AnTuTuベンチマークで計測しました。

f:id:ankopan01:20171213093041p:plain

ご覧のとおり、スコアは「45367」でした。

ちなみに同じ日に計測したHUAWEI P10 liteは「57930」でしたので、ベンチマークではHUAWEI P10 liteが優秀です。

メインカメラの画質

メインカメラを使ってオートモードで撮影しました。

f:id:ankopan01:20171213093122j:plain

f:id:ankopan01:20171213093143j:plain

f:id:ankopan01:20171213093222j:plain

f:id:ankopan01:20171213093246j:plain

メインカメラは1310万画素ですが、ご覧のとおり暖かみのある画質です。カメラのチューニングの良さが光ります。

f:id:ankopan01:20171213093400j:plain

このように逆光でもバランスの取れた画質です。

個人的にも、歴代機種も含めてAQUOSスマートフォンのカメラは大好きです!

ポケモンGO

スマートフォンの評価において、ポケモンGOが動くかが1つの判断基準です。

この機種の場合、初期設定ではGPSがバッテリー節約モードになっているので、ポケモンGOをプレイするには、高精度モードにしてからプレイしましょう。

f:id:ankopan01:20171213093448p:plain

AQUOS sense liteはジャイロセンサーも搭載しているので、ARモードでもプレイできます。

ただし、レイドバトルのときに動作が重くなることがありました。

f:id:ankopan01:20171213093525p:plain

HUAWEI P10 liteは機敏に動作するのでポケモンGOでは少し非力な印象です。しかしなから、プレイ自体には問題ありません。

まとめ

AQUOS sense liteは、5インチIGZO FHD、防塵・防水・耐衝撃、おサイフケータイ、指紋認証機能を搭載したアンドロイドSIMフリースマートフォンです。

ベンチマークスコア、カメラテスト、ポケモンGOをプレイしてみましたが、とてもバランスの良いミドルレンジの機種の評価です。

もちろんメインで利用できる機種になります。

個人的には、5インチIGZO FHD、防塵・防水・耐衝、おサイフケータイ、指紋認証機能を搭載のほか、急速充電可能なUSB Type-C対応で3万円台といった高コストパフォーマンス機種としてオススメします!